2016年7月24日日曜日

かわいくてふわふわなやつ

どうも、めかおんです。

約二ヶ月ぶりぐらいですね。ブログ更新は。書くのに時間かかるからついつい手が伸びないんですよね(言い訳)


っというわけで、6月の頭に上げた作品の話をしようと思います。お暇でしたらぜひお付き合いください。

(HTMLタグでニコニコの動画貼ると表示されないのなんとかしろGoogle。全然オッケーじゃねえ)


はい。「アイドルマスター シンデレラガールズ」におけるぼくの担当アイドルの一人、緒方智絵里ちゃんの誕生日だったので、彼女のユニットの楽曲をRemixしてみました。そういうわけです。

生まれて初めてFuture Bassというジャンルにチャレンジしたんですが、いや難しかった。作りなれないと難しいですね。なんでもそうですが。

まあとにかく、めでたい日のことなので本気で作ろう!ということでボーカル抽出なんかも結構頑張ってます。いつもは歌声りっぷ姉貴に丸投げですが、今回は音きりすほかいろいろ使ってなるべく音質を損なわないようにしました。したつもりです。


1.元ネタ

今回はわりと判りやすく元ネタがあります。まあ参考にした程度ですので共通項があるかといわれれば微妙なとこですが。

1つ目はこちら。


Sushi Killer & Kevin Villeccoの『Anime Bae』です。これはぼくがFuture Bassを聴くきっかけになった一曲で、入院中は良く聴いてました。ほどよいChiptune感と泣きコードの使い方がいいなあ、と思ってます。今この二人は『Hyper Potions』として活動してますね。(しかし『寿司キラー』ってすげえ名前だなおい)

2つ目はこっち。



Ujico*/Snail's Houseで『Nyan Nyan Angel!』です。もうUjico*氏といえば言わずと知れたKawaiiサウンドの雄ですね。どのトラックも完成度高くて世界の市場を見据えた音、って感じです。IIDX新作にも新曲が収録されるそうですね。

『Anime Bae』のサウンドを参考に、『Nyan Nyan Angel!』のKawaii感を詰め込む感じで作りました。はい。そんな感じ。

2.ビート&ベース

ビートはW.A.Productionのフリーサンプルを使ってます。いつもお世話になってます。とりあえずスネアを3拍目に置いてからキックをノリよく並べて、ハットを3連16分で刻んだりスネアのフィルを入れたり。
ベースはキックと全く同じタイミングでなってます。メインの音はStudio One付属のMojitoで作って、1Oct下のサブをPresenceで鳴らしてる感じです。(今回もソフトシンセは付属音源以外使って)ないです。やっぱサブベいれると音が太くなっていいよね。ベースミュージックには必須です。

3.8bitシンセ

Future Bassは『Future』とつくだけあってこの8bitシンセの音が結構使われます。そういう意味ではChiptuneの一種でもありますね。Chiptune+Trap=Future Bassって感じでしょうか。
左chでずっと鳴ってるアルペジオと、ちょくちょく効果音的に入る「ピロリロリロ」っていうのが今回の8bitシンセパートです。これも付属音源のMai Taiで作ってます。Mai TaiはStudio One3になってから追加された音源ですがなかなか優秀で使えます。
こんな感じですね。OscとEnvしか使ってません。うわあシンプル。とりあえずSquare波にしておけばそれっぽくなります。こんなこというと実機FC音源や実機GB音源を使っている人たちに怒られそうですが。フレーズはコードをバラして手打ちアルペジオです。基本16分で動いてますがたまに3連16分になったりしてます。この音が可愛いと評判でした。

4.ボーカルカットアップ

2サビ後の「とかとかなんとか言っちゃって」の後ろでボーカルのカットアップを使ってます。センスがないので大変でした。カットアップは最近またよく耳にするようになったので、今後も積極的に取り入れていきたいところですね。


ざっとこんなもんでしょうか。他にもふわふわ感を出すためにアタック弱めのパッドを多用したり、いろいろとかわいい要素を詰め込んだつもりです。この曲はずっとRemixしたいなー、と思っていたのでなかなか満足のいくものが出来たと思います。



では。

0 件のコメント:

コメントを投稿